study:ドストエフスキー作品 部分精読





タイプ【D-1】「登場人物の自意識の中に入ってくるものより無意識を支配しているものに照準を合わせて観察・報告する尾行者」という語り手の位相
タイプ【D-2】不意に・ふと・突然(直感・衝動・無意識による不意打ち)
タイプ【D-3】冒頭、段落モンタージュ
タイプ【D-4】現前的-要約法
タイプ【D-5】記述的-情景法
タイプ【D-6】批評的/情動的ディエゲーシス
タイプ【D-7】想像的対話のディエゲーシス
タイプ【D-8】肖像・空間描写
タイプ【D-9】登場人物の身体性(身振り・仕草・目線・ニュアンス・相互反応の演出)
タイプ【D-10】緊迫した対話・情景法
タイプ【D-11】再現的自己対話的長広舌
タイプ【D-12】何かを否定・非難する(→反動)ことが中心の科白
タイプ【D-13】内面・内語が表白された(抑圧された)科白
タイプ【D-14】内なる声による(分裂的・屈曲的)対話
タイプ【D-15】内的対話ストリーム(無意識の衝迫)
タイプ【D-16】絶望的醜態・内的葛藤の破裂
タイプ【D-17】非凡な人格/自分の自意識の倫理
タイプ【D-18】臆病な攻撃性




------------------------------------- タイプ【D-1】「登場人物の自意識の中に入ってくるものより無意識を支配しているものに照準を合わせて観察・報告する尾行者」という語り手の位相




●『白痴』上506-508頁
   第二篇第五章





●『罪と罰』上185-188頁
   第二部第二章





●『罪と罰』下141-144頁
   第四部第六章





●『罪と罰』上136-137頁
   第一部第七章





●『罪と罰』上474-475頁
   第三部第六章





●『カラマゾフの兄弟』2巻242-245頁
   第五篇第七章





●『罪と罰』上284-287頁
   第二部第六章





●『白痴』上508-510頁
   第二篇第五章





●『白痴』上522-526頁
   第二篇第五章












------------------------------------- タイプ【D-2】不意に・ふと・突然(直感・衝動・無意識による不意打ち)




●『カラマゾフの兄弟』4巻218-219頁
   第十一篇第七章





●『永遠の夫』164-165頁
   第十章





●『カラマゾフの兄弟』4巻224頁
   第十一篇第七章





●『カラマゾフの兄弟』4巻252-254頁
   第十一篇第八章





●『罪と罰』上175-178頁
   第二部第一章





●『罪と罰』上193-196頁
   第二部第二章












------------------------------------- タイプ【D-3】冒頭、段落モンタージュ




●『罪と罰』上48-50頁
   第一部第三章





●『罪と罰』上5-7頁
   第一部第一章





●『罪と罰』上7-9頁
   第一部第一章





●『白痴』上427-429頁
   第二篇第二章





●『罪と罰』上182-183頁
   第二部第二章





●『罪と罰』上159-161頁
   第二部第一章





●『白痴』上459-461頁
   第二篇第三章





●『罪と罰』下334-336頁
   第六部第三章





●『罪と罰』下337-338頁
   第六部第三章





●『罪と罰』上151-153頁
   第二部第一章





●『永遠の夫』17-20頁
   第一章





●『罪と罰』上121-123頁
   第一部第六章





●『罪と罰』下82-86頁
   第四部第四章





●『罪と罰』上91-93頁
   第一部第四章





●『罪と罰』上385-386頁
   第三部第三章





●『白痴』上239-242頁
   第一篇第九章





●『罪と罰』上106-109頁
   第一部第五章





●『罪と罰』下473-475頁
   エピローグ





●『白夜』27-28頁
   第二夜





『罪と罰』上274-276頁
   第二部第六章





●『罪と罰』上275-277頁
   第二部第六章





●『カラマゾフの兄弟』298-300頁
   第二部第六篇第二章(D)





●『カラマゾフの兄弟』301-304頁
   第二部第六篇第二章(D)





●『カラマゾフの兄弟』3巻74-75頁
   第七篇第四章





●『罪と罰』下413-416頁
   第六部












------------------------------------- タイプ【D-4】現前的-要約法




●『罪と罰』下450-451頁
   第六部第八章





●『罪と罰』上82-83頁
   第一部第四章





●『罪と罰』上83-85頁
   第一部第四章





●『罪と罰』上287-288頁
   第二部第六章





●『罪と罰』上293-295頁
   第二部第六章





●『罪と罰』下338-340頁
   第六部第三章





●『罪と罰』上296-298頁
   第二部第六章





●『罪と罰』上9-11頁
   第一部第一章





●『罪と罰』上16-18頁
   第一部第一章





●『罪と罰』上94-96
   第一部第五章





●『罪と罰』上266-268頁
   第二部第六章





●『罪と罰』上268-270頁
   第二部第六章





●『罪と罰』上271-272頁
   第二部第六章





●『罪と罰』下290-295頁
   第六部第一章





●『罪と罰』上323-326頁
   第二部第七章





●『罪と罰』上476-478頁
   第三部第六章





●『罪と罰』上487-488頁
   第三部第六章





●『賭博者』143-144頁
   第十一章





●『罪と罰』上248-249頁
   第二部第五章





●『罪と罰』上434-435頁
   第三部第五章





●『悪霊』下555-556頁
   「スタヴローギンの告白」





●『永遠の夫』32-34頁
   第二章





●『カラマゾフの兄弟』1巻63-65頁
  第一部第二篇第一章





●『罪と罰』下397-399頁
   第六部第五章












------------------------------------- タイプ【D-5】記述的-情景法




●『罪と罰』下460-462頁
   エピローグ





●『カラマゾフの兄弟』4巻222-224頁
   第十一篇第七章





●『カラマゾフの兄弟』4巻205-206頁
   第十一篇第六章





●『カラマゾフの兄弟』4巻191-194頁
   第十一篇第六章





●『カラマゾフの兄弟』4巻272-273頁
   第九篇第三章





●『白痴』下517-519頁
   第四篇第七章





●『カラマゾフの兄弟』1巻245-248頁
   第一部第三篇第六章





●『罪と罰』上200-201頁
   第二部第三章





●『カラマゾフの兄弟 第一巻』240-243頁
   第一部第三篇第六章





●『作家の日記』1巻320-321頁
   「小景」





●『罪と罰』下171頁
   第五部第一章












------------------------------------- タイプ【D-6】批評的/情動的ディエゲーシス




●『罪と罰』上123-125頁
   第一部第六章





●『白痴』下巻318-324頁
   第四篇第一章





●『白痴』下7-10頁
   第三篇第一章





●『カラマゾフの兄弟』3巻83-89頁
   第三部第八編第一章





●『死の家の記録』121-123頁
   第一部第五章





●『死の家の記録』115-117頁
   第一部第五章





●『作家の日記』1巻99-100頁
   「ヴラース」





●『作家の日記』1巻107-108頁
   「ヴラース」





●『作家の日記』1巻98-99頁
   「ヴラース」





●『作家の日記』1巻110-111頁
   「ヴラース」





●『罪と罰』上96-98頁
   第一部第五章





●『カラマゾフの兄弟』1巻23-24頁
   第一部第一篇第二章





●『未成年』151-153頁
   第一部第五章3












------------------------------------- タイプ【D-7】想像的対話のディエゲーシス




●『作家の日記』1巻46-47頁
   「環境」





●『作家の日記』1巻115頁
   「ヴラース」





●『作家の日記』1巻52-53頁
   「環境」





●『作家の日記』1巻61-62頁
   「環境」





●『作家の日記』1巻35-36頁
   「環境」





●『作家の日記』1巻112-115頁
   「ヴラース」





●「柔和な女」329-331頁
   第一章二





●「柔和な女」336-338頁
   第一章二





●『作家の日記』1巻233-234頁
   「仮装の人」





●『作家の日記』1巻33-34頁
   「環境」





●『作家の日記』1巻45-46頁
   「環境」





●『作家の日記』1巻45-46頁
   「環境」





●『作家の日記』1巻115-116頁
   「ヴラース」





●『カラマゾフの兄弟』2巻202-204頁
   第五篇第五章





●『未成年』上381-383頁
   第二部第二章1





●『白痴』下165-167頁
   第三編第五章












------------------------------------- タイプ【D-8】肖像・空間描写




●『カラマゾフの兄弟』2巻81-82頁
   第四篇第六章





●『カラマゾフの兄弟』1巻130-132頁
   第二篇第六章





●『白痴』上5-7頁
   第一篇第一章





●『罪と罰』上18-20頁
   第一部第二章





●『罪と罰』下343-344頁
   第六部第三章





●『カラマゾフの兄弟』4巻208-209頁
   第十一篇第七章





●『永遠の夫』238-240頁
   第十四章





●『永遠の夫』241-242頁
   第十四章





●『未成年』上331-333頁
   第一部第十章2





●『罪と罰』上436-438頁
   第三部第五章





●『白痴』上467-468頁
   第二篇第三章





●『カラマゾフの兄弟』4巻7-9頁
   第四部第十篇一





●『罪と罰』上42-45頁
   第一部第三章





●『カラマゾフの兄弟』2巻148-149頁
   第五篇第三章





●『未成年』下262-263頁
   第三部第五章3





●『地下室の手記』134-135頁
   第二部第五章












------------------------------------- タイプ【D-9】登場人物の身体性(身振り・仕草・目線・ニュアンス・相互反応の演出)




●『罪と罰』下102-108頁
   第四部第五章





●『罪と罰』上228-230頁
   第二部第四章





●『罪と罰』上405-408頁
   第三部第三章





●『罪と罰』上37-39頁
   第一部第三章





●『白痴』下562-564頁
   第四篇第八章





●『罪と罰』上245-247頁
   第二部第五章





●『カラマゾフの兄弟』85-87頁
   第十篇第六章





●『罪と罰』下117-118頁
   第四部第五章





●『白痴』20-22頁
   第一篇第一章





●『罪と罰』下346-348頁
   第六部第三章





●『罪と罰』下92-94頁
   第四部第四部





●『罪と罰』上398-400頁
   第三部第三章





●『白痴』上490-492頁
   第二篇第三章





●『未成年』下414-417頁
   第三部第十章4





●『罪と罰』下6-7頁
   第四部第一章





●『罪と罰』下8-12頁
   第四部第一章





●『罪と罰』下360-362頁
   第六部第四章





●『罪と罰』上21-23頁
   第一部第二章





●『白痴』下648-651頁
   第四篇第十一章





●『作家の日記』1巻130-131頁
   「ボボーク」





●『作家の日記』1巻134-135頁
   「ボボーク」





●『作家の日記』1巻136-137頁
   「ボボーク」





●『作家の日記』1巻146-148頁
   「ボボーク」





●『作家の日記』1巻155-157頁
   「ボボーク」





●『罪と罰』下172-174頁
   第五部第一章





●『地下室の手記』153-154頁
   第二部第六章





●『白痴』上265-266頁
   第一編第十章





●『白痴』下62-63頁
   第三編第二章





●『カラマゾフの兄弟』3巻276-279頁
   第三部第九篇第三章





●『カラマゾフの兄弟』4巻244-245頁
   第十一篇第八章












------------------------------------- タイプ【D-10】緊迫した対話・情景法




●『罪と罰』上452-454頁
   第三部第五章





●『罪と罰』下87-89頁
   第四部第四章





●『罪と罰』上261-246頁
   第二部第五章





●『カラマゾフの兄弟』1巻128-130頁
   第二篇第五章





●『罪と罰』上331-334頁
   第二部第七章





●『罪と罰』上137-139頁
   第一部第七章





●『罪と罰』上141-143頁
   第一部第七章





●『白痴』下221-224頁
   第三篇第七章





●『罪と罰』上139-141頁
   第一部第七章





●『罪と罰』下51-52頁
   第四部第二章





●『白夜』13-16頁
   第一夜





●『カラマゾフの兄弟』1巻281-283頁
   第三篇第九章





●『罪と罰』下244-247頁
   第五部第四章












------------------------------------- タイプ【D-11】再現的自己対話的長広舌




●『罪と罰』上27-33頁
   第一部第三章





●『罪と罰』上34-37頁
   第一部第三章





●『罪と罰』下356-359頁
   第六部第三章





●『白痴』上130-134頁
   第一篇第五章





●『地下室の手記』159-162頁
   第二部第七章





●『カラマゾフの兄弟』1巻227-228頁
   第一部第三篇第五章





●『カラマゾフの兄弟』1巻228-230頁
   第一部第三篇第五章












------------------------------------- タイプ【D-12】何かを否定・非難する(→反動)ことが中心の科白




●『罪と罰』上212-215頁
   第二部第三章





●『罪と罰』上209-211頁
   第二部第三章





●『罪と罰』上240-243頁
   第二部第四章





●『罪と罰』下452-454頁
   第六部第八章





●『罪と罰』下453-455頁
   第六部第八章





●『白痴』下515-517頁
   第四篇第七章





●『白痴』下566-569頁
   第四篇第八章





●『白痴』上638-641頁
   第二篇第九章





●『白痴』上642-645頁
   第二篇第九章





●『カラマゾフの兄弟』3巻124-129頁
   第三部第八篇第三章





●『白痴』上245-246頁
   第一篇第九章












------------------------------------- タイプ【D-13】内面・内語が表白された(抑圧された)科白




●『罪と罰』上23-25頁
   第一部第三章





●『罪と罰』上26-27頁
   第一部第三章





●『罪と罰』上39-42頁
   第一部第二章





●『罪と罰』上390-393頁
   第三部第三章





●『罪と罰』上393-395頁
   第三部第三章





●『カラマゾフの兄弟』3巻280-281頁
   第九篇第三章





●『悪霊』下542-545頁
   「スタヴローギンの告白」





●『悪霊』下534-537頁
   「スタヴローギンの告白」





●『罪と罰』下20-22頁
   第四部第一章





●『罪と罰』上369-398頁
   第三部第三章





●『作家の日記』1巻144-146頁
   「ボボーク」





●『作家の日記』1巻153-154頁
   「ボボーク」





●『罪と罰』下174-175頁
   第五部第一章





●『カラマゾフの兄弟』1巻309-312頁
   第一部第三篇第十一章












------------------------------------- タイプ【D-14】内なる声による(分裂的・屈曲的)対話




●『カラマゾフの兄弟』4巻198-200頁
   第十一篇第六章





●『カラマゾフの兄弟』4巻228-230頁
   第十一篇第八章





●『罪と罰』上464-467頁
   第三部第五章





●『罪と罰』下321-324頁
   第六部第二章





●『罪と罰』下236-239頁
   第五部第四章





●『罪と罰』上452-454頁
   第三部第五章





●『罪と罰』上279-281頁
   第二部第六章





●『罪と罰』上51-52頁
   第一部第三章





●『罪と罰』下428-431頁
   第三部第四章