×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

resume:フラナリー・オコナー『秘義と習俗』







:外界と内面世界、土地と習俗



:倫理感覚に基づく観察力、想像力



:何故小説を読み、書くのか



:作家の進むべき方向



:小説家一人ひとりのリアリズム



:想像力と理性の一致から発する暴力



:創作物の質=人間の感覚器官の質、小説家の習慣=五感を使いこなす習慣



:『ボヴァリイ夫人』の素晴らしさ



:ひと所をじっと見つめること、すぐさま要点を掴んでしまわぬこと



:人物と事件で語るのであって、人物と事件について語るのではない



:「物語」とは何か



:都合良い了解を拒む「物語」、信念・思想・感覚の一致



:才能の誠実な行使を妨げるものは



:具体的な細部への厳密な注意



:主人公≒言葉



:物語を物語として自立させるもの



:秘義=実際の経験として在る神秘



:本質的な意味での「貧しさ」と生活習慣



:視覚と信仰と現代



:小説の記述を生み出す制度・伝統・外界



:土地に束縛された想像力、社会環境に既に深く感応している五感







トップページに戻る